妊娠中に気を付けたい飲み物、食べ物、調味料はなに? | ママへの道しるべ

これから妊娠・出産・子育てを経験される方へ情報発信できていければと思うブログです。

妊娠中に気を付けたい飲み物、食べ物、調味料はなに?

2018/08/02
 

スポンサーリンク

こんにちは!現在妊娠中のいなぷです。

妊娠中ってなにが身体によくて、なにがダメなのかいろいろ考えてしまうことが多いと思います。

食べることが大好きな私にとってはちょっと残念な期間ですが、大事な大事な赤ちゃんのためなら我慢します。

ただ我慢し過ぎはストレスもたまりよくないですよね。
妊娠中でも楽しく食生活を送りたいという思いから、食事の際の気を付けたいポイントに絞って少し調べてみました。

それでは早速、
飲み物
調味料
食べ物
の観点から紹介していきます。

飲み物編

アルコール飲料

アルコールは胎盤を通して赤ちゃんに届いてしまいます。
大量摂取で発育にも影響及ぼすこともあるため絶対に禁酒です。

私は一滴たりとも飲みません!!

カフェイン

胎児の発育が阻害される可能性もあるらしく、摂取量に気をつけましょう!目安は1日200mg

コーヒーであれば1日1杯、玉露は1日1.5杯、紅茶1日2杯程度です。

全くダメというわけではないようなので、量を調整しつつ楽しんでいただければと思います!



ジュース

野菜ジュースって野菜入ってるので代わりになる!って思っていました。
しかし!!
代わりにはなりません!補助的なものとらえ、1日1杯程度に。

炭酸飲料(加糖)はカフェインが含まれていることも多く、糖分も多めの為控えるのがベターです。

炭酸水はカロリー、糖分、塩分が含まれていないのでおススメです。

栄養ドリンク

アルコールやカフェインが入っているものがあるため飲む際は表示を十分に確認しましょう!

調味料編

辛い物

辛い物は基本食べても大丈夫です。
極端に辛い物は胃に負担がかかるため体調管理の上では食べすぎには注意です。

私はピリ辛ぐらいが好きなので、その程度であれば問題ないと思い食べています!!

ハーブ、スパイス類

ハーブは大量に使用しなければ問題ないようです。

スパイス類は沢山の使用は刺激が強いため、使用料と1種類のものばかり偏らないように気をつけましょう。

しょうゆ、みそ

添加物が少ないものを選ぶと良いです。

塩分の取り過ぎには注意です。

料理酒

調理の過程でよく加熱しアルコールが飛んでいれば大丈夫です。



食べ物編

刺身、魚卵

胎児に影響を与えるレベルの水銀が含まれている可能性があるため控えるのがベターです。

食べるのであれば1回に80g程度(刺し身1人前、切り身1切れ)

ひじき

無機ヒ素が含まれているというデータなありますが、1日4.7g(乾燥)以上継続して食べなければ問題ないようです。

昆布

これは意外です。
ヨウ素が多く含まれており、大量にとりすぎると胎児の甲状腺機能低下を招く可能性があるとされてます。

取り過ぎには注意しましょう!

インスタントラーメン、加工肉(ウインナー、ハム等)

塩分や食品添加物が多いため、継続的に食べるのは控えましょう。

野菜をプラスしたり粉末スープを半量にするなど工夫を。

チーズ

加熱殺菌しているものは食べても大丈夫です。

塩分も多く食べ過ぎには注意を。

まとめ

食事って直接赤ちゃんに栄養を届ける大事な事なので

色々気にしたり悩んだり大変ですよね。

ある程度の食べ物の知識があればストレスもなく楽しくお料理しやすいと思います。

バランスよく食べることが一番の赤ちゃんへの贈り物ですよね!
などといいながら今後偏食になるかもしれないのでこれぐらいで(笑)



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ママへの道しるべ , 2018 All Rights Reserved.