これから妊娠・出産・子育てを経験される方へ情報発信できていければと思うブログです。

妊娠初期に微熱(熱っぽい症状)が長い期間続く。その症状は異常なの?

2018/08/03
 

【2018.08.03に記事更新しています。】
こんにちは、いなぷです。

妊娠初期のみなさん、微熱があったり、熱っぽい症状となっている方多いのではないでしょうか?

私は生理日を3日ぐらい過ぎたあたりから15週目に至るまでずっと熱っぽい症状が続きました。

そんな状態が続くとどうしても「大丈夫なのかな?」「この熱っぽさは実は本当の風邪によるものなのではないか?」と心配になってしまいますよね。

妊娠中は様々な症状が現れ、心配になることも多と思います。

今回はその中でも「微熱はいつもまで続くものなのか?」や「微熱や熱っぽさの特徴はどんなものなのか?」について記載していきたいと思います。

微熱や熱っぽさの症状が長く続き不安に思っている方の参考になればと思います。

それでは本題に入ります。

熱っぽい症状、微熱は問題なの?

熱っぽい、微熱の症状は妊娠超初期〜妊娠初期にかけてのよくある症状なので異常な症状ではありません。

妊婦によって症状が出始める時期や症状が続く期間は異なるようです。

私の場合だと生理日を3日過ぎた頃から15週ぐらいまでほぼ毎日

熱っぽい症状

体温計で測ってみると微熱(36.73〜37.12c)
があります。
※ちなみに通常時の36.3cなので妊娠が発覚してからずっと微熱状態ですね。

妊娠初期の時期はずっと熱っぽい症状が続いたという方も少なくはないみたいです。

スポンサーリンク

微熱は症いつまで続くのか?

この熱っぽい症状はいつ頃ぐらいまで続くのかを調べてみました。

これも妊婦それぞれですが、症状の改善が早い方で12週頃から改善が見られるみたいです。

症状の改善が遅い方でも20週目ぐらいには少しずつ楽になってくるみたいですね。

この様に見るとかなり長い期間、熱っぽい症状に悩まされる妊婦が多いことがわかりますね。

妊婦が元気な赤ちゃんを産むために乗り越えないといけない一つの壁になるでしょう!

ただ、ずっと熱っぽい症状が続き不安になっていた妊婦の皆さん、安心してください。

必ず症状は緩和します。

それまでこのつらい時期を頑張って乗り越えましょう!!

妊娠初期症状と風邪による症状の違いは?

妊娠初期の微熱や熱っぽい症状は通常の風邪の症状とよく似ています。

実際、私も「この症状、本当に風邪引いちゃったんじゃないか?」と思ったときもあったぐらい、風邪の時の症状とよく似ていました。

そんな時、産婦人科の先生に聞いた風邪か否かを判断するポイントについて記載します。

★喉の痛みや咳
喉の痛みや咳はウイルスによって引き起こされる症状です。

妊娠初期の症状では喉の痛みや咳などの症状はないので一つの判断ポイントです。

★体温
妊娠初期の微熱の体温はおおよそ37.0〜37.5と言われています。

それ以上に体温が高い場合は風邪による熱の可能性があります。

★鼻水や鼻づまり

妊娠超初期の時期に鼻水や鼻づまりが見られる場合も、風邪による影響である可能性が高いでしょう。

スポンサーリンク

私の場合、以上3つのポイントの症状に当てはまらなかったため風邪ではないと判断しました。

皆さんも風邪?妊娠初期症状?と疑問に思った際は上記を参考にしみてください。

ただし、上記症状に当てはまっていたとしても自分自身で風邪だと決めつけず、まずは病院に行って診断してもらうようにしてください。

間違っても市販の薬を飲むようなことはしないでください。

まとめ

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今回は妊娠初期の症状にある微熱や熱っぽさの症状について記載しました。

妊娠中は様々な症状がどんどん現れ、不安に思う事が多いともいます。

少しでもあれ?と思うような症状があった場合は、自身で調べてみる、調べてもわからなければ病院に行って診断してもらう、ようにしてください。

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ママへの道しるべ , 2018 All Rights Reserved.