妊娠中の結婚式に呼ばれた。招待状への食事制限の記載は?(記載イメージ有) | ママへの道しるべ

これから妊娠・出産・子育てを経験される方へ情報発信できていければと思うブログです。

妊娠中の結婚式に呼ばれた。招待状への食事制限の記載は?(記載イメージ有)

2018/08/08
 

スポンサーリンク

こんにちは、現在妊娠中のいなぷです。

先日、妊娠してから初めての結婚式のご招待をいただきました。

一般的に披露宴のお食事と言えば、レアに焼かれたお肉や綺麗に盛られたお刺身などを連想してしまいます。

普段であればこれほど豪華な食事となるとテンション上がりますよね!

しかし、妊娠中は食べれるものも限られており、
上にあげたような料理はあまり妊婦の身体には良いとされていません。

とはいうものの招待状にはアレルギー有無の蘭はあるのですが、
残念ながら、”妊娠”というチェック欄はありません。

備考欄に

妊娠中のため、考慮お願いします

とは簡単に書きにくいですよね。。

そこで今回は私の場合

「どう考えたのか?」

「招待状にはどう書いたのか?」

などそのプロセスなどについてまとめたいと思います。

招待状に食事の考慮のお願いを記載しようか迷っているみなさん参考にして頂ければと思います。

食事の考慮のお願いがなぜ言いづらくなるのか?

まず、なぜ妊娠による食事の考慮を新郎新婦に言いづらいのかですね。

冒頭で挙げたいずれの食べ物も食べすぎは良くありませんが、
絶対に食べてはいけないものではありません

その為、新郎新婦側に「少し考えすぎじゃないの?」など思われるかもしれないという心配が生まれるのです。
(そんなことを考えるような友達ではないと思いつつも考えてしまう私がいました。。ごめんなさい。。)

しかし、少しの量であっても生ものやしっかり火の通っていないものだと少なからず胎児に与える影響のリスクは上がってしまうわけですよね。

そこが今回の議論の難しいところなのです。

また、アレルギーのある方へのカテゴリ分けはしてあるという事はそれ用にある程度準備がされている訳です、しかし、カテゴリ分けしてない妊婦用には準備していないはずですよね。

それを考えるとアレルギーと同じように食事制限があるといっても妊婦用に特別メニューを準備する手間が新郎新婦側にかかってしまうのです。。

そのようなことを色々考えてしまうと招待状へ書きづらくなってしまいますよね。。

スポンサーリンク

食事の考慮のお願いをするためには?

さんざん上記で「言いづらい、言いづらい」と言ってきましたが、
私は最終的に私は食事の考慮をお願いしました。

しかし、ただ招待状に書くだけではなく私が実施したことをご紹介します。

招待状を送る前に電話で連絡を取った!

このような少しデリケートなお願いをするとなると、やはり招待状に書く文章だけではお願いすることの申し訳なさなどが伝わりにくいと思います。

なので私は招待状をもらって送り返すまでに、一度電話でその旨を伝えてからお願いすることにしました。

それが果たして友達にはどう伝わったのか友達の心の中に入らないとよくわからないですが、招待状でお願いを投げっぱなしよりも言葉を交わした上でのお願いだったので良かったのかな?と思っています!!

ついでに私が記載した内容の画像貼っておきますね!ご参考までに。

食事の考慮のお願い出来る関係は?

今回私は友達の結婚式で友達へのお願いだったので比較的お願いしやすかったのだと思います。

例えば会社の同僚の方だったとするとお願いするまでには至らなかったかもしれません。

お願いすることに迷っている皆様、招待をしてくれた人との関係も視野に入れて検討してみても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、結婚式の招待状の食事の備考欄に食事の制限の記載する際に考えたいポイントをまとめました。

自分自身やお腹の中の赤ちゃんの身体は自分で守る!と共に「親しき仲にも礼儀あり」です。

食事の考慮をお願いするか?も重要ですがどの様にお願いするかが大事なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ママへの道しるべ , 2018 All Rights Reserved.