妊娠して食費が増え始めた。妊娠初期に食費が増えるその理由は? | ママへの道しるべ

これから妊娠・出産・子育てを経験される方へ情報発信できていければと思うブログです。

妊娠して食費が増え始めた。妊娠初期に食費が増えるその理由は?

2018/08/02
 

スポンサーリンク

こんにちは、いなぷです。

子供にはお金がかかるという言葉をよく耳にしますが、

子供が出来てからはもちろんですが、子供が出来るまでも色々とお金がかかるものですよね。

通院費、入院費、分娩費などをはじめとする出産するために必ず必要となる費用については、

ある程度みなさん予想できると思います。

しかし、私自身、妊娠して分かった意外な出費増がありました。

今回は、その出費増の中でも”食費”について記載していきたいと思います。

これから結婚、子供が欲しいなど考えているみなさんの参考になればと思います。

私達夫婦の食費の推移

以下が私達夫婦の食費の推移です。

妊娠が発覚したのが5月上旬で悪阻などの症状が出始めたのもこの頃です。

これを見ると5月から食費が増加しているのがわかります。

では、なぜ食費が増えるのか理由に考えてみました。

妊娠中に食費が増える原因は?

妊娠中(特に妊娠初期)はつわりなどの影響で食欲が無くなったりするとよく聞くけど、

そしたら食費は減るのでは?う人も多いのではないでしょうか?

しかし、私達の場合はそうではありませんでした。

その理由について見ていきましょう。

スポンサーリンク

外食が増える

私の悪阻の症状の一つで、においにすごく敏感になるというものがあり、

それにより料理中のお肉やお魚の生臭いにおいに耐えられなくなりました。

そのため家で料理を作れる機会が減ってしまい、外食やデリバリーなどの回数が増えてしまったのが一番大きな要因の一つです。

お弁当が作れなくなる

妊娠してから常に睡眠が足りないような症状で、
朝もすっきり起きることが出来なくなりました。

その為、結婚してからずっと続けていたお弁当が作れなくなり、
お昼ごはんを私も旦那さまも買うようになってしまったことも要因の一つです。

お菓子をよく買うようになる

私の場合ですが、食べないと気持ち悪くなるような症状が続いているため、仕事の合間でも簡単に食べられるお菓子をよく買うようになりました。
1つ数百円のお菓子でもちりも積もれば山となるのでこれも食費が増える要因ですね。

スポンサーリンク

食べ物を無駄にしてしまうことが多くなった

上記のようにお菓子などをよく買うようになったのはいいのですが、

最近の私は日々食べたいものが変わってしまいます。

スーパーに買い物に行った際に食べたい!欲しい!と思って買っても、

実際家に帰ってみるとまた違うものが欲しくなり、食べ残してしまうことが多くなりました。

食費が増えないための対策は?

旦那さんに料理やお弁当づくりを率先してやってもらうことが一番の対策となるかと思います。

が、妊婦もさることながら妊婦が動けないことにより旦那さんにもやはり、洗濯や掃除などの負担が多くなって疲れやストレスが溜まってしまうこともあるのではないでしょうか?

そのうえ、料理をとなるとかなりつらいですよね。

なので私達夫婦は、「妊娠初期の悪阻の時期は食費に増えてしまうことをあきらめる!」という選択をしました。

その負担がなくなった分、夫婦お互いがお互いのことを想う余裕ができるのであれば安いものではないでしょうか?

まとめ

今回は妊娠中の食費について記載してきました。

妊娠初期のつわりの時期はやはり料理にまでパワーをさけないですよね。

潔くこのつわりの期間は諦めるというのが私達の考えでした。

これから結婚、子作りなどを考えている方々このような費用の増加も想定しておくといいかもしれませんね!

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ママへの道しるべ , 2018 All Rights Reserved.