これから妊娠・出産・子育てを経験される方へ情報発信できていければと思うブログです。

兄弟の子供(いとこ)が同い年!気を付けたいことはなに?

2018/08/02
 

スポンサーリンク

こんにちは、いなぷです。

今年の5月に私の旦那さまのお姉さんが出産しました。元気な女の子です。

お姉さん、子供ちゃん、おめでとう!!

と、ふと気づいたのですが、私の出産予定日が来年の1月頃なので私たちの子供とお姉さんの子供とが同い年になるのです。

そこで今回は、兄弟の子供(いとこ)が同い年の場合の良い点や気を付けたいと思う事について記載して行きたいと思います。

兄弟の子供が同い年であった場合のデメリット

いとこ同士で比べられる

兄弟の子供(いとこ)が同い年であった場合、子供の同士を比べてしまうということもあるのではないでしょうか?

それは子供のおじいちゃん・おばあちゃんに当たる自分の親が比べるてしまいそれが子供に伝わってしまうということもあると思いますし、子供の親である私たちが、もしかしたら(比べようと思っていなくても)比べてしまうこともあるかもしれません。

これは子供が複数人いる場合も同じですが、比るのではなくその子供の特徴(良い点)を親たちが理解することが重要だと思います。

おじいちゃん・おばあちゃんが行事に参加しづらい

いとこ同士で同い年だと何もかもが同じタイミングでやってきます

幼稚園の入園式・小学校の入学式・音楽会・運動会などが、いとこ同士で同じ日にちに設定される可能性が高く子供のおじいちゃん・おばあちゃんはどちらに参加すべきか判断に困るというポイントもデメリットですね。

同じ学校になる可能性が低い”いとこ”だからこその悩みですね。

あと小学校入学のタイミングだと、おじいちゃん・おばあちゃんがランドセルを一気に2つ買ってあげないといけないということもあるかもしれませんね。(買ってもらう前提で考えている私って。。笑)

スポンサーリンク

兄弟の子供が同い年であった場合のメリット

情報交換ができる

兄弟の子供が同い年だと、ほとんどの事が同じタイミングで来るので情報交換がしやすいというポイントはメリットと言えるでしょう。

何カ月ぐらいでしゃべり始めた?歩き始めた?や子供が通っている保育園・幼稚園の事情など情報交換できる事は様々です。

疑問や悩みなどを同じタイミングで経験する為、「1年前のこと忘れちゃった」などとならずに情報交換できますよね。

子供同士遊び相手になる

お盆やお正月などいとこ同士が集まる機会が多いと思います。家族によってはもっと高頻度で集まる家族も。

そんな時、いとこ同士が同い年だと年の差がないため、一緒に遊べ楽しめるのはメリットと言えるでしょう!

おもちゃの貸し借りなどもできるのも良いですよね!

スポンサーリンク

刺激し合える関係になる

いつも会っている兄弟やお友達に比べ、いとこは一年の内たまにしか合わない関係であることが多いですよね。

たまにしか会わないからこそ、いとこの成長を子供なりに感じ、それが良い刺激となって頑張るきっかけなどにもなるのではないかと思います。

兄弟の子供が同い年であった場合に気を付けたいことは?

デメリットのところでも記載しましたが、やはり子供同士を比べてしまうという事は気を付けたいポイントだと思います。

一言に比べると言っても、直接比べているような表現の言葉を子供にぶつけてしまうことも一つとしてありますが、言葉にしなくても態度や表情で子供には伝わってしまうのではないかと思います。

私自身もきちんと子供と向き合い、人と比べるのではなく子供自身の良い部分に目を向けられるように成長していきたいなと思っています。

最後に

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今回は兄弟の子供(いとこ)が同い年の場合の良い点や気を付けたいと思う事について記載してきました。

まだ私自身は妊婦なので子供が出来てからのことは実際には分かりませんが、このように気を付けたいことなどを想定しておくことは重要ですよね。

兄弟の子供(いとこ)が同い年となったみなさんの参考になればと思います。

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ママへの道しるべ , 2018 All Rights Reserved.