これから妊娠・出産・子育てを経験される方へ情報発信できていければと思うブログです。

妊娠中のかつ丼はいいの?おすすめの食べ方や気を付けるポイントについて。

2018/08/03
 

スポンサーリンク

こんにちは、いなぷです。

現在妊婦の私は、先週、外食チェーンの『かつや』に行ってきました。

『かつや』と言えばやはりカツ丼が有名ですよね。私もかつ丼を食べてきました!

そこで今回は妊娠中にカツ丼が良いかやカツ丼を食べるときの気を付けるポイントについて記載していきたいと思います。

妊娠中のカツ丼はいいの?

まず、通常のカツ丼に含まれる材料を記載していきます。

・カツ
 -   豚肉
 -   小麦粉
 -  パン粉
・白米
・たまご
・玉ねぎ
・ネギ

一般的なカツ丼の材料で妊娠中に食べてはいけない食材はないですね。

妊娠中でもカツ丼は安心して食べられるでしょう。

カツ丼を食べる際に気をつけることは?

妊娠中にカツ丼を食べる際にはいくつか気をつけなければならないポイントがあります。

以下で確認していきましょう。

スポンサーリンク

火の通りに気をつける。

火の通りに気をつけなければならないものは豚肉、たまごです。

豚肉は油で揚げたあと更に煮込む工程があるため、比較的火の通りは問題ないと思います。

気をつけなければならないのはたまごです。

カツ丼のたまごって半熟で柔らかいぐらいがちょうど良くて美味しいですよねー

でも妊娠中は半熟の卵は「食中毒の危険性」があることから、あまり良いとされていません。

日本では基本的に安全管理をされたたまごが売られているとは思いますが、免疫力の低下する妊娠期間中は半熟のたまごは避けたほうが良いとされています。

妊娠中にカツ丼を食べるときには、普段より卵に火をきっちりと通すようにしましょう。

『かつや』などの外食で注文する時にも、良く焼いてもらうよう注文の際に伝えると良いでしょう。

食べる頻度に気をつける

カツ丼のカツは揚げてあるという事から糖尿病発症リスクが増えることやカロリーが多い事がデメリットとして挙げられます。

食べる頻度には注意しながら食事を楽しむようにしましょう。

連日かつ丼を食べることや、かつ丼を食べた前後の日に油もの料理を食べることは避け、多くとも週に1~2回らいの頻度で食べるよう留めましょう。

スポンサーリンク

カツ丼のおすすめの食べ方は?

カツ丼は玉ねぎやネギなどの野菜が入っていますが、野菜の割合としては十分ではありません。

そのため、カツ丼を食べるときにはサラダやおみそ汁も合わせて摂るようにすると良いでしょう。

ちなみに『かつや』でもサラダとおみそ汁(トン汁)があったので合わせて注文することをおすすめします。

最後に

みなさん、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今日はかつ丼が妊娠中の身体にとって良いものなのかについて記載してきました。

妊娠中は制限される食材も多く普段楽しめる食べ物が楽しめなくなります。

しかし、食べられるものとうまく付き合っていくことで制限された中でも食事を楽しめるのではないかと考えています。

皆さんがより良いマタニティライフをおくれるようお祈りしております。

時間のある妊婦さんはこちらの記事を見てお得に妊娠中を過ごしましょう!

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ママへの道しるべ , 2018 All Rights Reserved.