これから妊娠・出産・子育てを経験される方へ情報発信できていければと思うブログです。

妊娠中のビビンバはいいの?食べる時に気を付けることとは?

 
スポンサーリンク

こんにちは、いなぷです。

妊婦の皆様、妊娠中は食べてはいけないものや、食べる量に気を付けなければならない食べ物がたくさんありますよね。

今回は妊娠中のビビンバは良いのか?やビビンバを食べることによるメリットや気を付けることについて記載していきたいと思います。

妊娠中のビビンバは良いか?

ご家庭にもよると思いますが、一般的なビビンバに入れる材料を一覧で挙げてみました。

・白米
・牛肉(豚肉)
・ほうれん草
・小松菜
・ニンジン

・もやし
・ぜんまい
・キムチ
・卵

ビビンバに入れる材料を一覧で挙げてみましたが、いずれも妊娠中に食べてはいけないものはなく、妊娠中でも安心してビビンバを楽しむことが出来るでしょう!

ビビンバを食べる時に気を付けることは?

生卵はできる限り控える

ビビンバには、真ん中に落とされた生卵が必須ですよね。

真ん中に落とされた卵を見て食べたいなぁと思う人も多いのではないでしょうか?

しかし、妊娠中はサルモネラ食中毒のリスクを低減させるために生卵は控えるように言われています。

ご家庭ではお店で出るようなあつあつの石焼は作れないので、半熟で食べることとなってしまうので卵を入れないようにするか、もしくは、卵を炒めてからビビンバの上に乗せるようにすると良いでしょう。

どうしても生卵につけてビビンバを食べたいとお考えの人は次の点に注意して食べるようにしましょう!

  • 卵は新鮮なものを選びましょう。
  • 殻を割る前には、卵に殻にひびの入っていないことを確認しましょう。
  • 割った卵を入れる容器に事前に割っていない状態の卵を入れるのはやめましょう。
  • 卵を触った手は、そのつど洗いましょう。
スポンサーリンク

辛み調味料の摂取は適量を

ビビンバには、コチュジャンや豆板醤などの辛い調味料を入れることも多いと思います。

しかし、辛い物を食べることは、妊娠中ならではのリスクも多く存在します。

胃が荒れやすく胃もたれや胃痛を引き起こす可能性が高くなることや、辛いものを食べるのと同時に知らず知らずのうちにたくさんの塩分を摂ってしまうことなど妊娠中の身体にはリスクを伴うことも挙げられます。

辛い調味料は特段問題はありませんが、摂取量には気を付け、適度な辛さでビビンバを楽しむようにしましょう!

妊娠中にビビンバを食べるメリットは?

バランスの取れた食事ができる

ビビンバの食材を上記でまとめましたが、ビビンバには、ホウレン草やニンジンなど緑黄色野菜をたくさん入れることが出来たり、発酵食品であるキムチも入っているので非常にバランスとしては優れた料理です。

ただし、どんぶり系の食べ物なので白米の量を多少取りすぎる傾向になるのでバランスを考えるのであれば、白米を少なめにし、具材種類を多めにして食べることをお勧めします。

オススメのビビンバのつくり方

気を付けることのところで記載しましたが、妊娠中はできる限り生卵を避けるようにしたいものです。

しかし、通常のビビンバは卵が必須となります。

そんな時のおすすめなのは、ホットプレートを利用したビビンバです。

ホットプレートがアツアツの状態の時に生卵を落とし、ごはんやその他食材と混ぜ込むので、卵に火を入れることが出来ます。

上記の写真は混ぜる前の状態なので、この状態では食べないでくださいね。

ホットプレートだと生の状態の卵を摂取することがないため、安心して食べることが出来るでしょう。

まとめ

みなさん、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今日はビビンバが妊娠中の身体にとって良いものなのかについて記載してきました。

妊娠中は制限される食材も多く普段楽しめる食べ物が楽しめなくなります。

しかし、食べられるものとうまく付き合っていくことで制限された中でも食事を楽しめるのではないかと考えています。

皆さんがより良いマタニティライフをおくれるようお祈りしております。

時間のある妊婦さんはこちらの記事を見てお得に妊娠中を過ごしましょう!


スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ママへの道しるべ , 2018 All Rights Reserved.