これから妊娠・出産・子育てを経験される方へ情報発信できていければと思うブログです。

昔とは子育てが違う!おじいちゃんとおばあちゃんが役立つことは?

2019/07/08
 

スポンサーリンク

こんにちは。いなぷです。

昔と今では育児の方法が社会のさまざまな変化により子育てを巡る環境は変わっているのをご存知ですか。

赤ちゃんがやってきて、おじいちゃん・おばあちゃんになるのは、自分の子供が生まれた時とは違った

ドキドキ、わくわくがありますよね。

今日はお孫さんができるおじいちゃんとおばあちゃんがスムーズに育児に参加できるように現在どのように育児が変化しているのかわかりやすいようにまとめてみました。

参考になればうれしいです。

おじいちゃんとおばあちゃんが子育てに関わるといいこといっぱい!

子供(孫)によいこと

より多くの人から愛情を受けて情緒が安定する

関わる人が増えて社会性がはぐくまれる

パパ、ママ以外の価値観を知ったり様々な経験ができる

おじいちゃんとおばあちゃんによいこと

孫との触れ合いが刺激になり、元気をもらえる

育てを通じて地域での新しいつながりが増える

孫とのかかわりが新たな生きがいとなり、セカンドライフが充実する

パパとママによいこと

子育ての負担やストレスが軽減されて、気持ちに余裕をもって子供と接することができる

共働きの場合は子育てと仕事の両立がしやすくなる

※産後のママはホルモンバランスの変化や慣れない育児で産後うつになりやすい時期です。ママと赤ちゃんの様子を見守ってあげましょう。

スポンサーリンク

今と昔子育てここが違う

うつぶせ寝

昔:うつぶせに寝かせると頭の形が良くなる

今:自分で寝返りが出来るまでSIDS(乳児突然死症候群)を防ぐためうつぶせ寝は避け、赤ちゃんのお顔が見えたほうが良い。医学上の理由で必要な時は医師と相談しましょう。

抱っこ

昔:いつも赤ちゃんを抱いていると抱き癖がつき、抱かないと泣き止まなくなる

今:抱っこをすると赤ちゃんが安心して人を信頼する気持ちが育つため抱き癖は気にしなくてよいです。

授乳

昔:時間を決めて3時間おきに授乳するのがよい

今:母乳の場合は赤ちゃんが欲しがった分だけ授乳する。(ミルクの場合は3時間はあけましょう)

断乳・卒乳

昔:1歳までに断乳(ママがリードして授乳をやめること)が勧められていた

今:子供のほうからしぜんとおっぱいから離れていく(卒乳)まで授乳しても問題はない

離乳食

昔:準備として果汁をスプーンで与える。母子健康手帳にも3-4カ月の欄に「果汁やスープを飲ませていますか」という質問の記載があった

今:準備段階で果汁を与える必要はない。離乳食開始前から果汁を与えぎると、母乳やミルクを飲む量が減り、必要なエネルギーや栄養が不足することがある。現在は離乳食のスタートは生後5-6カ月が目安とされている

はちみつの摂取

昔:乳児は栄養価の高いはちみつを接種したほうが栄養補助も出来、健康に良い

今:はちみつは子供が1歳になるまで与えない。はちみつにはボツリヌス菌が含まれていることがあり、赤ちゃんが乳児ボツリヌス症をおこし、死に至る危険性がある

虫歯の予防

昔:食べやすいように大人がかみ砕いてやわらかくしたものを与える。箸やスプーンを共有

今:生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌はおらず、大人からの唾液を介して移ることがわかっている。食事を口移しであたえたり、箸やスプーンは共有しない。大人は虫歯を治療する

おむつはずれ

昔:早めにはずしたほうがよい

今:大人の都合ではなく、子供の体調や発達などをみながら焦らずに進める

日光浴

昔:赤ちゃんに日光浴をしないとビタミンD不足でくる病を発症する

今:外気浴で赤ちゃんを外の新鮮な空気に5分程度触れさせる。ただし紫外線が大人より薄い赤ちゃんの皮膚に悪影響をあたえる可能性があるため、紫外線が強い時間帯(10-14時頃)はなるべく避け直射日光をうけないよう注意する

チャイルドシート

昔:チャイルドシートの使用は法律で義務付けられておらず、小さな子供を車に同乗させるときは大人が抱っこしていた

今:幼児(6歳未満)を車に同乗させるときはチャイルドシートの使用が法律で義務付けられている。チャイルドシートの使用が法律で義務付けられている。チャイルドシートを使用している時としていない時と比べて事故時の死亡または重症となる率が著しく高くなる

歩行器

昔:赤ちゃんの歩行訓練として歩行器を使わせる

今:歩行開始を早めるための道具ではない

スポンサーリンク

まとめ

子育ての昔と今の違いいかがでしょうか。おじいちゃん・おばあちゃんは驚きの部分がもしかすると多いかもしれません。

社会の変化によって数十年で子育ても変わっていくんですね。

しかし、自分の子供を育てたということは子育てが初めての娘さんや息子さんにとっては一番の理解者・先輩になっていると思います。

赤ちゃん用品の必要物品についても昔と今は変わっているため、必要かどうか調べたり娘さんや息子さんに相談するのもいいですね。

可愛い孫の誕生、成長を楽しみに子育てに協力していきましょう。

御覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ママへの道しるべ , 2019 All Rights Reserved.