これから妊娠・出産・子育てを経験される方へ情報発信できていければと思うブログです。

妊娠中のむし歯には気を付けて。赤ちゃんにうつるの?

 

こんにちは。いなぷです。
少しお久しぶりになってしまい申し訳ありません。
育児は大変だなと思う毎日です。
可愛いからこそ大変と思えるんですよね。

さて、本題にうつりましょう。
今日は妊娠中の歯の健康についてお伝えします。

スポンサーリンク

妊娠中の口の中の状態

つわりなどの体調の変化や、ホルモンバランス、食生活も変化する為、むし歯や歯周病にかかりやすくなります。
日常の口腔ケアに加えて定期的な歯科受診により口の中の環境を整えましょう。

女性ホルモンの変化

妊娠中は女性ホルモンの血中濃度が高くなります。歯周病菌の中には女性ホルモンを利用して増える菌がいるため、歯肉が腫れるなど炎症を起こしやすくなります。また、唾液の分泌量が減り、口の中がネバネバした状態になり、細菌が繁殖しやすい環境になります。

つわりによる口の変化

つわりがひどいと歯磨きが不十分になりがちです。また、酸味の強い食べ物が食べたくなるなど好みの変化によって口の中が酸性に傾きやすくなります。

飲食回数の増加

少量ずつ回数を多く食事したり、頻繁に間食するようになることで口の中が汚れやすくなります。

※安定期にはいったらすぐに歯の健康診査をうけましょう。妊娠中に治療を受ける場合は安定期が適してます。
市区町村によりますが、医療機関にて無料受診できます。

スポンサーリンク

妊娠中の歯の治療について

歯科健診で病気が見つかったら、治療も忘れず始めましょう。
出産後でいいかと考えていても産後1年くらいは育児に追われ、なかなか治療に通う機会に恵まれません。妊娠中でも歯の治療はできます。体調の安定している妊娠16-27週頃には治療を済ませましょう。受診の時には妊娠していること、妊娠週数、出産予定日を歯科医師に告げてください。不安な場合は産婦人科医に相談しましょう。

妊娠中の麻酔について

通常の歯科治療で使用する量では問題ありません。安心して治療をうけましょう。

妊娠中のレントゲンについて

通帳の歯科治療で使用する量では問題ありません。鉛入りのX線防護エプロンを着用すればさらに安全です。

赤ちゃんの歯はいつ頃からでき始める?

赤ちゃんの歯は早ければ生後6か月ぐらいに生え始めます。しかし、その歯の芽は妊娠と気づくか気づかない妊娠6-7週目から作られ始め、12-13週になると固い組織もでき始めています。赤ちゃんの歯を強い歯にするためには、歯が作られる時期のママの栄養が大切です。

むし歯菌って赤ちゃんにうつるの?

歯が生える前の赤ちゃんの口にはむし歯菌は存在しません
しかし、歯が生えると間もなく、むし歯菌は口の中に住み着き増殖していきます。むし歯菌は赤ちゃんの周囲の人(特にパパとママ)から唾液を介して赤ちゃんの口の中にうつっていくことがわかっています。赤ちゃんへの食事を口移しで与えたり、大人が使っている箸やスプーンで与えたりすることはやめましょう。
〇出産前までにむし歯の治療を終え、口の清潔を心がけましょう。
〇ママやパパ自身のむし歯菌を減らすことが大切です。
〇赤ちゃんの歯が生えてきたら、口の手入れを行いましょう。

まとめ

今日は妊娠中のむし歯について、赤ちゃんにうつるのか。をまとめてみました。
妊娠中はつわりなどもあり妊娠前のような生活ができないこともあります。
ですが産まれてくる赤ちゃんのためにも、自分自身が出来やすいむし歯対策をし、赤ちゃんの誕生を待ちましょう。
今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ママへの道しるべ , 2019 All Rights Reserved.